日本の経営者や企業の方へ

弊社の日本語ページをご覧いただき、ありがとうございます。
シースクールの概要をこちらのページでご紹介させていただきます。

またミャンマー国内においての社員日本語トレーニング、ビジネス日本語トレーニング、日本へミャンマー人を送り出したい企業の方への教育サポートなど行っております。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。
日本の方向けお問い合わせフォーム

学校のご案内

1. シースクールについて

ミャンマーは民主化が果たされて間もない国です。ようやく若者たちが世界を目指せる国になろうとしてます。
多くの若者たちが、海外を目指し、技術を学び、そして自国の発展の足掛かりを作りたいと胸を熱くしています。

しかし、国が開かれたとはいえ、まだまだ貧しい国です。志はあっても、経済的に夢は中々かなえられない、国はこれからもっと飛躍していくのに、多くの若者たちには中々その機会が巡ってこない、これが現状です。
ミャンマーは人口が約5300万人、国民の平均年齢が約28歳です。

国民は勤勉、親切、そして周囲に気を配り、自己主張をしない控えめな方々が多いという、個性の強い人々が目立つアジアの中では珍しい国民性を持ち合わせています。
まだまだビジネスは知らないといえど、ポテンシャルを秘めている国だと思います。

この国の若者たちに日本語教育を施し、日本の技術を伝え、これからの日本、ミャンマーとの間で相互発展を促し、ともに歩んでいくことを大義とし、私たちは学校を作ることを決定しました。

私たちはまず教育と考えます。教育があり、そこから相互理解が深まり、根強い交流が生まれます。
まずは日本に憧れを抱く若者たちに教えるべき事は日本語であり、日本の文化です。

日本人が自然に体得しているルール、礼儀やサービスの質は世界各国で絶賛されているように、非常に価値のあるものです。

当校は日本語教育を通して、そういった日本文化も体得するプランを組んでます。ここで学んだ夢のある若者たちが日本、ミャンマー、その他の国で一流と言われる人材になることを後押しできるように、尽力します。

そして我々が大事にしている信念は、学校運営は日本人ではなく、ミャンマー人を中心としていくことにあります。

現地に根付き、現地に沿った最高の方法で、日本人ではなく、彼らのやり方をサポートし、これから発展していくこのミャンマーという国の礎となっていくことを願っています。

2.日本語を学びながら日本のルールを学ぶシステムの確立

日本の社会的な全てのルールを学んでもらうため、当校内では日本に住んで、職業を経験したミャンマー人の指導の下、全て日本のルールを適用し、学んでもらうように設定しています。それらのルール内で、生徒は日本を学び、すぐに社会に適応できるようになります。

当校では、細かいルールを定め、それらを実践できているかチェックします。それらを忠実に実践し、体得していくことは彼らが日本に行くための重要な指針となり、ミャンマー人を受け入れたい企業にも重要な採用の決め手となります。

学校のスタッフ紹介

責任者兼日本語教師: 鈴木 慶

中国 大連 にて、日本語のトレーナーを1年経験。
その後シンガポールで7年間、日本語や英語、中国語を教える語学学校の設立、運営に関わる。
日本の各種大手企業の語学トレーニングの委託を受ける。

校長兼日本語教師: KYAW ZAW TUN

2006Yangon University of Education 卒業。 専門は教育学。

201210月 から 20133月まで 徳島大学で日本語を学ぶ

20134月から20144月まで鳴門教育大学にて国費留学生として外国語教育と教科書作成の研究をする。

レッスン概要

レッスン目標

レッスンは下記3つの指針に沿って学んでいく。

・徹底したカウンセリングで、生徒の将来の目標を明らかにし、目標に向けた学習のサポート

・日本の文化を知り、マナーを体得していく。

・日本語能力試験で結果を出す

年間のレッスン数

日本語のレベルは1級ごとに200時間の勉強量が必要と言われる。

当校ではじっくり勉強してもらうことを見据え、3時間のレッスン70回(約3カ月ちょっと)を1タームとして、

4ターム(13カ月)でN2レベルまで到達することを目標とする。

レッスン時間  

レッスン 月~金  毎日3時間 

  日本語検定 総レッスン時間 レッスン クラスアップ条件

初級クラス

N5(5級) 0時間
(約3か月半)
13時間 210時間終了後にN5受験、または NAT-TEST 5Q、もしくはJLPTの過去問においてを合格点の平均以上の成績を収めた生徒はN4に移行

初中級クラス

N4(4級)  0時間
(約3か月半)
13時間 210時間終了後にN4受験、または NAT-TEST Q、もしくはJLPTの過去問においてを合格点の平均以上の成績を収めた生徒はN3に移行

中級クラス

N3(3級) 0時間
(約3か月半)
13時間 実地イメージ訓練+日本語210時間終了後にN受験合格者のみN2に移行

上級クラス

N2(2級) 0時間
(約3か月半)
13時間 実地イメージ訓練

日本生活入門講座

  60時間
(約1か月)

13時間

日本行きが決定した生徒に対する授業。日本に住むのに必要な文化・マナーをこちらで学ぶ。

レッスンスタートまで

入学希望者に日本語人材養成プロジェクトの要点を話し、入学対象者に対しカウンセリング、日本語を勉強し、何を成し遂げたいかを聞き取ります。 

当校の学校内ルールを説明。ルールを守らない、もしくはあまりにも成績が悪い場合は学校をやめてもらう場合があることを説明します。